*

最大の山場!再就職の面接に有効的な戦法

公開日: : 最終更新日:2014/07/23 再就職対策

既に退職し、新たな就職先を探している中高年の面接対策はまず第一に、何故会社を辞めたかについて如何に応えられるかにかかっています。

通常中高年になって退職するようなことはしません。中高年の転職市場が如何に狭き門であるかを思うとき、再就職先の当てもなく退職するのは馬鹿げたことだと多くの採用担当者、いや私たち労働者は一様に思っています。そうした中での退職ですから、面接担当官がまず気になるのはその点です。ですから誰もが納得する、止むを得ないと思うような理由を述べられることがキーポイントとなります。

通常の転職者より不利であることの認識

とはいえです。現実は厳しいもので、一定期間のブランクがある再就職者は、やはり程度の差こそあれ、マイナス評価の対象になってくるのは否めません。会社都合などで止むを得ず離職した者は別として、もっぱら自己都合で辞めた者はたとえどんな理由であれ、計算が甘い、思慮が足りない、努力不足、忍耐不足等といった印象を持たれてしまうリスクをはらんでいます。

そして次に注目されるのは、止むを得ず退職を余儀なくされたことで自信喪失になったり、逆に焦ったりしていないか。これまで培ったノウハウに自信を持ち、そのスキルをフルに発揮したいとする前向きな姿勢があるかが大切になってきます。

また前職を辞めてからどれくらい経っているかにもよりますが、1年近く経っているようなら職場経験を枯渇させないようにとアルバイトをしていると面接の場でも好印象を持たれることが多いです。いくらかでも収入の足しになりますから精神的な安定にも寄与しますから、結果としていい面接対策につながるという仕組みです。

面接担当官が重視すること

いくらこれまでの社会人人生が華やかであったからといっても、これからの自分も同じようにできるわけではありません。この点を十分に弁えておく必要があります。面接の場で自分が自分がと、なんでも一人で解決していけるような回答をすると思わぬしっぺ返しを食らってしまいます。これは転職の場合も同じですが、中高年の再就職の場合、よく見られる光景です。確かに採用側が高いスキルと豊富な実務経験やマネジメント能力を欲してはいます。このことから「なんでも一人でできます」といった回答をすれば合格だと思い込んでしまうのです。

 しかし現実は違います。会社は組織です。どんなに優れた能力でも会社の方針や事業計画、組織との調和なくして達成できる筈がないのです。 

 事実面接担当官はこの点をもっとも慎重に見極めて採用を決断しているのです。せっかく採用しても会社の益になってもらえなければ元も子もないからです。採用担当者として失格の烙印を押されてしまうからです。

 したがって応募する中高年は、あくまで会社の方針や目的を大前提として、最も合理的・効率的な・戦略的な方法を皆さんのご協力を得ながら、尽力できればと考えています、等と答えることがとても大切となってきます。協調を根底におきながら面接を受けることが重要なのです。

関連記事

no image

企業に響かせる!再就職者の履歴書・職務経歴書対策

 転職と再就職は少し違います。職変えが非常に難しい中高年であれば、現職につきながら移動先を探す形の“

記事を読む

no image

入社まであと一歩!再就職前の準備

 内定が決まった後は入社まで何もせずに待つというわけではありません。企業との交渉や提出書類の準備など

記事を読む

PAGE TOP ↑