*

企業に響かせる!再就職者の履歴書・職務経歴書対策

公開日: : 最終更新日:2014/07/23 再就職対策

 転職と再就職は少し違います。職変えが非常に難しい中高年であれば、現職につきながら移動先を探す形の“転職”をすることこそが鉄則なのですが、何らかの都合で離職を余儀なくされ、職をなくしてからの就職活動を行わざるを得ない場合もあるでしょう。再就職という形です。この再就職の場合の履歴書でまず重要になってくるのがなぜ前職を辞めたか、その理由です。

履歴書対策

 中高年となれば、先行き考えずに退職するような軽率な真似はしない、といった前提をもった採用担当者がほとんどですから、そうした人たちを納得させられるだけの理由を如何に履歴書に簡潔明瞭に記載できるかが、まずは重要になってきます。中高年になって何も好き好んで会社を辞めるわけではないでしょうから、できるだけ正直に簡潔に書くことが通常は大切になってきます。真実の言葉ほど、納得させられるものはないですから。そうすることで、再就職熱もより高まっていくものでもあるわけです。

 履歴書や職務経歴書作りで大切なのは、言いたいことの1割程度で収めるということです。ほんの少し顔を覗かせる程度です。面接担当官にすればそれだけでも気になるものになるものですから、その顔が、気になりだしたらどんどん、細部にわたって面接担当官の興味をそそることになるのです。

職務経歴書対策

 再就職するにあたって、離職、あるいは失業していた期間がどれだけあるかにも関係してきますが、豊富な実務経験があるわけですから、そうしたブランクを挽回にするもっとも効果的な方法は職務経歴書を如何にまとめるかにかかってきます。

 この部分においても、言いたいことの“1割寸止め”のルールは変わりません。

 新組織の立ち上げ、新規事業の運営、部下の育成・指導、経営層への参画、決定権の行使、売上面での貢献等、様々な実務経験があるでしょうから、それらを一つ一つ10文字以内の簡易なカテゴリ分けをするのです。そして、1行からせいぜい2行程度で、一つ一つ箇条書きでカテゴリ毎の実績を挙げていくのです。その際カッコ書きで在籍した企業名、役職等も付します。

 書き方はそれぞですが、このようなエッセンスは抑えて纏めるのが効果的です。

関連記事

no image

入社まであと一歩!再就職前の準備

 内定が決まった後は入社まで何もせずに待つというわけではありません。企業との交渉や提出書類の準備など

記事を読む

no image

最大の山場!再就職の面接に有効的な戦法

既に退職し、新たな就職先を探している中高年の面接対策はまず第一に、何故会社を辞めたかについて如何

記事を読む

PAGE TOP ↑