*

すっきり見やすく!転職者の履歴書・職務経歴書対策

公開日: : 最終更新日:2014/07/23 転職対策

 転職の際にはじめて企業に接触するものが履歴書と職務経歴書です。この2つで今後の面接まで行けるのか、それとも始めに戻って求人を探すところから再スタートするのかが決まっていきます。対策をしっかりとって書類通過を目指しましょう。

履歴書対策

 中高年者が職を変える場合、転職という形をとることが大切です。一般に転職とは在職しながら次の行先を探すことで、簡単に言えばブランクなく、会社会社を転々とすることです。転々としているうちには生活に支障がきたすことはまずないでしょうから、物心共に安定しています。求人案件が極端に少なくなる中高年者の就職市場にあっては、いつ決まるともしれない就職ですから、こうした転職のやり方が正攻法といえるでしょう。

 このような背景の中で履歴書を書く場合は、急がず焦らず、自己分析をしながら記載することが大切です。なぜ、転職しようとしているのか、これから自分がしたいことは何なのか、何が出来るのか、市場は何を求めているのか、自分の市場価値はどれくらいか等、冷静に部を弁えて、且つ単なる気紛れではない人生最後の真剣勝負の転職活動に臨むべきです。

 ですがこれから何をしたいのか、と言ったところでこの期に及んで将来に夢を馳せそれに向かって突き進むことを許す会社などありませんから、何が出来るのかに重点を絞ることになるでしょう。

 そうして書く履歴書はやはり直筆です。中高年者が書く履歴書は直筆に限ります。字は人を表す、といいます。高い見識と豊富な実務経験の元全身全霊で挑むことが大切です。

 文字は楷書体です。職務経歴欄が狭くなりそうならば、学歴は高等学校卒業から書き始めても構いません。

 そして履歴書の部分でもっとも重要となってくるのが志望動機、つまり転職理由ともいえる部分です。コツは退職する理由というよりも、これまで培ったスキルを元にどんなふうに貢献できるか、つまり転職したい理由、という部分に力点を置いて書くことです。後ろ向きよりも前向きで、ということです。そして何より、退職理由を書けば、知らず知らずのうちに、前職を非難しがちになってしまうのを避けることもできるのです。

職務経歴書対策

 豊富な経験からつい長文で複雑になりがちな職務経歴書ですが、それではいけません。時間をかけて書いた大作も、いざ応募書類の中に入ってしまえば読みずらい、分かりずらい、中高年にもなって纏める文章力すらない、説得力がない、字面が汚い等、欠点だらけの文章になってしまうだけです。

 こうなってはおしまいです。あくまで簡潔に、表題を書くつもりで書くことが大切です。大事なことは面接担当官が興味を示すように誘導することです。長々と書くことが、興味を引くことには決してなりません。

 先ほど表題を書くつもりで、と言いましたが、例えば「新規事業立ち上げプロジェクトの中核として参画」とか「社内ルールの整備」、「売上倍増計画策定」、「改善提案制度定着化」、「企業間情報交流の場への参加」等です。

 それらに解説文を付けるわけですが、いずれも1行、長くても2行程度に収めます。要は呼び水的な役割を演じるのです。ここで種を明かしてはいけません。長くなるだけですし、面接担当官にすれば、興味あることか否かわかりませんから、それはしない方が無難です。

関連記事

no image

トラブル禁物!円満退職のコツはスケジュール管理

 最近の転職の傾向として、自分が昔働いていたことのある会社に戻るケースが多いそうです。会社に声をかけ

記事を読む

no image

これで勝ち組!転職の面接試験攻略法

 転職の採否は面接にかかっていると言っても過言ではありません。どれだけの技術・資格を有しているとして

記事を読む

no image

転職するために有効的な人脈作りの方法

 転職を成功させるために、人脈を作っておく事も有効と言えます。しかしただ「人脈を作る」と言われても何

記事を読む

PAGE TOP ↑