*

入社まであと一歩!再就職前の準備

公開日: : 再就職対策

 内定が決まった後は入社まで何もせずに待つというわけではありません。企業との交渉や提出書類の準備などが必要となってきます。あと一歩で再就職成功ですので最後まで気を抜かずに頑張りましょう。

内定通知が来たから入社決定・・・ではありません

一般的に面接を経て、採用されたら電話で通知があり、不採用なら郵送やメールで通知が来ることが多いようです。電話で内定通知を受けたら、誰からの電話なのか?必ず先方の名前を控えておくようにしましょう。
他に何も問題がなければ内定を受諾します。

 他社の結果待ちであるときは、内定をくれた会社の採用担当に電話をして2~3日入社を決意するまで待ってもらえるように言いましょう。あくまで「お願いする」という態度を忘れないようにしましょう。他社を受けていることは言わずに、「身内とよくよく話し合って入社を決めたい」と会社側に説明しましょう。

 面接で未決定であった事項(給与額・待遇など)があれば、内定通知が来てから内定を受諾するまでの期間が交渉の最終チャンスですのでしっかり話し合ってくださいね。

入社日の決定について

 中高年の再就職者の場合、無職・無所属なのであれば、すぐにでも入社できるでしょうから、なるべく先方の都合に合わせましょう。会社は「即戦力」として採用したのでしょうから、1日も早く入社したほうがよいのです。相談すれば入社日を延期してくれますが、あまり長く延期すると、「この会社に入る気が無いのでは・・・」という疑いを招いてしまい、内定を取り消されたりする可能性もありますので要注意です。

初出勤の日までに

 再就職先と「雇用契約書」を交わします。また「雇用保険被保険者証」や「年金手帳」「源泉徴収票(退職後に再就職の場合です)」の他、会社から求められた書類を提出するようにします。郵送の際には、「添え状」をつけると丁寧な印象が出ます。「就業規則」を貰ったら入社までに目を通しておきましょう。

 転職活動期間が長かった人は疲れもたまっているでしょうから1日~2日くらいの短い温泉リフレッシュ旅行に行くと、やる気が湧いてくるでしょう。

 再就職先の業界知識をなるべく身につけておいたほうがよいので、毎日そういう資料を探して積極的に読むようにしましょう。またPCスキルに関してアプリケーションの操作をひとつ身につけたり、エクセルのハイレベルを習得するのは3日~1週間あれば出来ることですから、入社前までの期間は有効に活用したいところです。

 初出社の日に着ていく服装も確認しましょう。

関連記事

no image

企業に響かせる!再就職者の履歴書・職務経歴書対策

 転職と再就職は少し違います。職変えが非常に難しい中高年であれば、現職につきながら移動先を探す形の“

記事を読む

no image

最大の山場!再就職の面接に有効的な戦法

既に退職し、新たな就職先を探している中高年の面接対策はまず第一に、何故会社を辞めたかについて如何

記事を読む

PAGE TOP ↑